可愛い子供の為のランドセル選び

ランドセル選び

親がランドセル選びで最も気にするポイントはお値段です。

小学一年生から使い始めるランドセルは、ほとんどの人がそのまま6年間同じ 物を使い続けることになります。 パンツや靴下ならそんなに長期間使用されないので、小学生の持ち物としては かなり珍しいアイテムではないでしょうか。 長く使われるのでどれを買うか慎重に決めるのですが、ランドセル選びでポイント になる点はなにがあるのでしょうか。 使用者本人が気に入ることも重要ですが、買う人の都合も考えるとお値段を最も 気にすることになるかと思われます。 様々な材質、タイプが市販されており価格差は10倍ほどあるので、値札を見ずに 商品を選んでレジに持っていくと、お支払いで冷や汗をかくことにもなります。 安いものだと1万円位で買えるのですが、高級品の中には100,000円近く するランドセルもあるので値段を確認せずに購入を決めると家計に大ダメージを 与えてしまうでしょう。 値段だけ見て一番安いものにしよう、という決め方は感心しませんが、予算を 家族会議で決めずにランドセル選びをするのもどうかと思います。 臨時収入があったから、宝くじが当たったから、質屋に壺を持っていったから、 そうした理由で予算を考えなくていい状況なら値段はお構いなしで気に入った品 を購入すればいいですが、ほとんどの人は支払い金額の上限があるでしょう。 ランドセル選びで満足する品を購入する方法は、まずおよその予算の上限を決定 することがスタートラインになります。 無理ではない金額を設定しないと、素敵なランドセルを手に入れることは出来た としてもその皺寄せがあちこちに生じることになるので、総合的に見ると失敗に カウントされるお買い物になってしまいます。 奮発して最高級品のランドセルを買ったばかりにオニューの靴を買うお金がなく、 パパのお下がりを履いて学校に行くことになる小学一年生は少し可哀想ですし、 ママのお下がりでもやっぱり可哀想です。 子供が小学校に入学したらなにかとお金がかかりますし、ランドセルだけに全力を 注ぐと他が疎かになってしまいます。 しばらくしたら放課後に何か習い事をさせることになるかもしれず、もし子供が みんなやってるから自分もバレエ教室に通いたいと言い出したのなら、そこでも 相当な出費を覚悟しなければなりません。 なのでランドセル代に用意できる金額は限られており、適切な予算を組むことが 親には求められるのです。 予算を決めたうえでカタログを眺めたりデパートへ行って実物に触れてみて、 納得できる性能で予算内に収まる品を探すのです。 ただし予算が少ないからと、とにかく安い品を探して値段だけで決めるのは絶対に やめておきましょう。 安い品にはちゃんと理由があり、他の商品よりも性能がかなり低い可能性が高く 下手したら6年間使う間に壊れてしまうほど耐久性能が悪い場合もあります。 まさに安物買いの銭失いで、5年後にもうひとつランドセルを買うことになったら 唯一のメリットだった安さも帳消しになるのです。 なのである程度こちらの要求を満たしてくれる品の中で一番安い商品を選ぶ、 ならオッケーですが全ての商品の中から最安値を選ぶ、他の条件は一切無し、 という決め方はやめて下さい。 価格以外にも性能面でみんなが納得できる品でなければそれを使用するお子さん が不幸なことになるのかもしれない、4年生の2学期に長年使ってきた相棒が ぶっ壊れて哀しい思いをするかもしれない、そうしたアクシデントを極力排除 するためにも一定以上の水準の性能を備えるランドセルを選んであげましょう。